【札幌高裁】グループホーム火災 運営側に逆転有罪判決

グループホーム火災、運営側に逆転有罪判決

札幌高裁

札幌市北区で2010年3月、認知症高齢者向けグループホーム「みらい とんでん」が全焼し入居者7人が死亡した火災で、業務上過失致死罪に問われ、一審・札幌地裁で無罪(求刑禁錮2年)を言い渡された運営会社代表谷口道徳被告(59)の控訴審判決が27日、札幌高裁であった。

高橋徹裁判長は一審判決を破棄し、禁錮2年執行猶予4年の逆転有罪判決を言い渡した