「在日ロシア、旧ソ連諸国の人々」ルポ執筆中!

第一作の「落第社長のロシア貿易奮戦記」出版(3月)後様々な反響が寄せられ、幅広い人間関係が拡大し、とても楽しい展開です。先日7月23日にはレストランキエフで講演(参加者約50人)、次回は9月24日日本ユーラシア協会京都府連、10月には母校・神戸市外国語大学の在校生向けに講演します。また、次作「ユル・ブリンナー一代記」の翻訳出版準備中で、平行して「在日ロシア人、旧ソ連諸国の人々」のインタビュー記事の取材、執筆継続中です。すでに数人取材を終えており、ブログに掲載中ですので、ご一読ください。「遥かなる故郷、私の樺太」、京都の歌舞練場で舞い踊るビクトリアさん、ひまわり油の輸入販売のビジネスの傍ら映画出演などでご活躍中のエカテリーナさんなどの記事があります。ぜひご一読ください。ブログは「関西日露交流史研究センター」で検索してください。

8月には第二次世界大戦終結後突然ロシア領土に変わり、長年帰国できず余儀なく樺太(サハリン)に残留した日本人の孫で白ロシア人との混血児として生まれ、現在日本留学中でロシア在住アジア人の研究継続中の青年を取材します。

ワシリーこと岩佐毅