イラスト集第3弾の公開と思う事。

こんばんわ!小路理宇です。

ブログをご覧の皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

今日は予告通り、皆さま、お待ちかねのイラストを公開したいと

思います。

といっても、デッサンは狂っていますし、多少おかしいなと思われる所も多ありとは思いますが、そこは皆さまのお優しさで、

お手柔らかにお願いします。

少し長めではありますが、それでは、どうぞ(どでもいいのですが、最近音符を記号で変換するとこの記号が出て来てそれが気にいっていたりもします。

1ニアミス

第二作目聖風女学院生物部での登場人物達が中学生の頃、

すれ違っていた、というコンセプトを元に描きました。

そして何故か、真冬。雅絵達のコートは小路が中高時代に来ていたコートを元に描いています。しかし、数年前だと、髪の長さが短いというのはベタな設定ですよね

2雅絵

少しお嬢様風に描いてみました。プロの漫画家さんとは違う(笑)

髪の艶塗りが楽しいです。小路母曰く、クレオパトラみたい(笑)まぁ、こんな塗り方もOKなのではないでしょうか。

3ギルバートとエレナ

とですね、結局出してしまいました!

というのも前に描きかけのものがあったから完成させたのです。

エレナの目の表情が多少失敗感があります。目、閉じれば良かったあ、後ここ2、3日間で何度も何度も、ギルの熱〜いイラスト(笑)をアクセスして下さった方、ありがとうございます。

この小路、しかと拝見させて頂きました。(笑)

4ギルバート

すみません、やっぱりノーコメントでお願いします。

スクリーントーン、半年前に余ったものを付けたんです。

キラキラも薔薇もそうだったんです。でも付けてみたかったんです。

ハイ、頭もおっきいです。表情、やり過ぎです。

ああ、でも峰かやさんみたいなのが描きたかったんです。

オイオイ!

5あさ美とノリ

これは、小路が持っているデッサンの本のポーズからモデルを

拝借させてもらいました。こんな感じのが描きたかったのです。

描きたかった男性の骨格と、描くのが好きなあさ美のフワフワな巻き毛が、もう少しだけ描ければと思ったのですが、絵なので両方の120は楽しめないですね。まぁ描いていて楽しかったのですが

6アマラとアマンダ

骨格が多少狂っていますが、それなりに楽しませてもらいました。

アマラは、大きな屋敷に住むお嬢様、アマンダは、そこで料理女として雇われている召使の少女という設定です。言い忘れていましたが、今回のイラストはすべて鉛筆描きなので、薄い所もあります。それにしても、第一作目のリュウもそうなんですが、お子様キャラは描きやすいですね

因みに、この後は第一作目天使といた日から出しています。

:;;::;;::;;::;;::;;::;;::;;::;;::;;::;;::;;::;;::;;::;;::;;::;;::o::o:o::o

リュウと美夕

突然、爆笑する美夕。リュウが真面目にトンマな事を言ったのでしょう。(笑)そして、その後で二人で料理するシーンは、原作と一緒です。包丁の使っている手が学習しきれていませんが

原作でも使ったトーンを使ってみました。ただしコンセプトの方が先です。少しだけ小路が気に入っているイラストです。

漫画のイラストという枠からは外れてしまうかもしれませんが、

こんな感じのも描いてみました。

はっきり言ってこれはもうイメージだけが人走りしていますね。

でも描いてみたかったんです。

これは、前に描いてあったものを完成させたものです。

これも描きたいという気持ちだけで描いた、という感じですね。

小路の場合、漫画やアニメ、アニソンを見ながらそこからヒントを得て描きたいイラストを練っていく、という方法をとっています。

例え、デッサンが狂っていても、もしもこの記事や小路の漫画を見た人が、よくもここまで描いたもんだなと思うことがあっても、

いつも思う事は描きたいという気持ちだけで描いています。

はっきり言って文章を書く方が断然楽だなと思うことの方が多いです。でもやりたいのは、昔から馴染んてきたイラストだったり漫画だったりします

出版社に提出しなければならない、とか売れなければ、

と考えるのではなくて、いかに自分の気持ちを伝えるか、

少人数でも、その事を分かってくれる人がいて、

例えば家族だけ、でもいいと思うんです。それもはばかれるなら、描くだけ描いて自分の胸にしまってしまうのもありだと思うんです。

それが、自分のやりたい事を仕事にする事なんだと、

分かりにくければ申し訳ないのですが

そんな時代になればなって思いますね。